ポケダンスレ(2件目)

[1] 天空支配龍

このスレは、元々滝登りさんが開いていたスレなんですが、活動が停止してしまったので2件目を作りました。もしよかったら入ってみてください

書き込み時刻2013-08-12 18:59:38

[1749] センター

爆破隊『おのれ!!。我々の邪魔を!』
ガーディー『相手の足を封じておくぜ!炎の渦!』
敵1匹を炎の渦に閉じ込める。
ヤミラミ『ナイス!シャドーボール』
命中!
敵1匹撃破!。
ゲンガー『残り2匹だな』
ミズゴロウ『なぜ、あちらは攻撃してこないんだ?』

書き込み時刻2019-10-14 23:37:28

[1750] センター

ガーディー『攻撃を誘っている?』
ゲンガー『........』
ヤミラミ『シャドークロー!』
ガーディー『あ!おい!。ヤミラミ!攻撃するなー!』
爆破隊『爆破ー!』
ドカーン!
ゲンガー『ヤミラミー!』
ヤミラミ『ふぅ!』
ミズゴロウ『..........は?』
ヤミラミ『ん?』
チコリータ『な、何で無事なの?』

書き込み時刻2019-10-18 20:39:10

[1751] センター

ヤミラミ『とりあえず、守るを使った』
ミズゴロウ『凄えな』

書き込み時刻2019-10-18 20:47:16

[1752] センター

途中で誤送信してしまいました。
すみません....

ヤミラミ『とりあえず、守るを使った』
ミズゴロウ『凄えな』
ゲンガー『それで、爆発によるダメージを回避したわけか』
チコリータ『よく間に合ったわね』
ヤミラミ『何か企んでいるとは思ったから先に守るを掛けていた』
ガーディー『なるほど。それで助かった訳か』
ゲンガー『さて、今度はこっちの反撃だな』

書き込み時刻2019-10-18 20:50:56

[1753] センター

チコリータ『葉っぱカッター!』
爆破隊『ぐわぁー!』
ゲンガー『シャドーボール!』
爆破隊『ぐわぁー』
爆破隊撃破。
ミズゴロウ『よし、全て倒したぜ』
ウソッキー『いやーすまんすまん。ありがとうな』
チコリータ『無事で良かったわ。それで船だけど』
ウソッキー『おう、これだ』
ミズゴロウ『あんがと!。早速出発だぜ!』
ウソッキー『え?ちょっと!』
みんな船の中に乗り込んでいった。
ウソッキー『説明を聞けー!』
ミズゴロウ『悪い急いでいるんだ』
ウソッキー『.......仕方ないか。気をつけろよ!』
ミズゴロウ『出航!』
船が動き出す。

書き込み時刻2019-10-21 23:07:53

[1754] センター

保安編第9話「不安」
........
.....あれ?。ここは?.....。
マルマイン『雷!』
!?。マルマインさん!。
キュウコン『きゃあ!』
い、いきなり攻撃を!?。
マルマイン『.........所詮こんなものか』
え?。
マルマイン『この程度で俺を止めるつもりだったのか?。笑わせるな!』
マルマインは去っていく。
ま、待って!。
マルマインさん!。

書き込み時刻2019-10-30 17:12:08

[1755] センター

.......はぁはぁ...。
見失っちゃった。
マルマインさん、どこだろう?。
エビワラー『キュウコン!』
エビワラーさん!。
キュウコンはエビワラーさんの元へ向かう。
はぁはぁ.......。
エビワラーさん。すみません。
見失ってしまいました。
エビワラー『え?見失った?』
.......はい。すみません。
エビワラー『.........なんだ。とんだ期待はずれだな』
え?。

書き込み時刻2019-10-30 17:16:20

[1756] センター

エビワラー『即戦力だと期待したんだがな。こんなに使えないとは』
え?。
エ、エビワラーさん?。
エビワラー『即戦力だから、優しく丁寧に教えてけど、無駄だったな』
そ、そんな!。
エビワラー『じゃあな無能さん。これからは1匹でなんとかしてくれ』
ち、ちょっと待ってくださいよ!。
エビワラー『.............』
き、聞こえてない。
エビワラーさん!。
待ってください!。
エビワラーさん!。

書き込み時刻2019-10-30 17:20:57

[1757] センター

キュウコン『エビワラーさん!』
ガバ!
エビワラー『..........お、おう。エビワラーだよ。.......お、おはようキュウコン』
キュウコン『え?』
ピカー
ま、眩しい。
日差しが目に.....。
あ、朝?。
エビワラー『キュウコン大丈夫?。うなされてて、俺の名前呼んでたけど...』
.........あれは.....夢!?。

書き込み時刻2019-10-30 17:25:20

[1758] センター

エビワラー『キュウコン?』
は、恥ずかしい.......。
エビワラー『キュウコン大丈夫?。顔赤いよ?』
エビワラーが近づく。
キュウコン『きゃあー!!』
ビックリして大声を出す。
エビワラー『う、うわぁー!』
ドシーン!
エビワラーも驚き尻餅を打つ。
キュウコン『あ!。ご、ごめんなさい!!』
エビワラー『イッテェ...。ごめんキュウコン驚かせて』
キュウコン『い、いえ!。こちらこそ脅かせてしまってすみませんでした!』

書き込み時刻2019-10-30 17:32:32

[1759] センター

........。
期待外れ......。
キュウコン『エビワラーさん。昨日はすみませんでした。マルマインさん止められなくて』
エビワラー『いや、大丈夫だよ。キュウコンはよくやってくれた!。キュウコンだけに任せすぎた俺が悪い。俺がダメだからこんな事に....』
.......
私だけに任せ過ぎた.....か。
それって私に期待していたって事だよね。
その期待に応えられなかった.....。
これが期待外れ.....。
エビワラー『キュウコン?』

書き込み時刻2019-10-30 17:38:42

[1760] センター

.....諦めちゃダメだ!。
まだ挽回出来るチャンスは残ってる筈!。
キュウコン『エビワラーさん!』
エビワラー『どうしたの?』
キュウコン『マルマインさんを探して来ます!』
エビワラー『え?』
今度こそ、止めないと!。
間に合わなくなる前に!。
私が!。
エビワラー『ダメだ!』
え?。
キュウコン『ど、どうしてですか!?』
エビワラー『危険だよ。まだ、1匹だけで行かせる訳には行かない。まだ完治してないよね?』
キュウコン『ですが!』
エビワラー『行かせられないよ』

書き込み時刻2019-10-30 17:48:06

[1761] センター

.......どうして!...。
キュウコンは悔しそう顔をする。
エビワラー『キュウコン?』
..........。
キュウコン『エビワラーさんのバカー!』
エビワラー『ええーー!?』
エビワラーは突然怒られ困惑する。
....行かせて欲しいって言ってるのに!。
エビワラーさんのバカ!バカ!バカ!バカー!!!。
キュウコンは叫び終えるとマルマイン探しに行った。
エビワラー『...........』
エビワラーは呆気を取られ、暫く立ち止まっていたが、
エビワラー『は!?。キュウコン!待てー!』

書き込み時刻2019-10-30 17:54:31

[1762] センター

....はぁはぁ....。
何処?マルマインさん。
何処にいるの?。
キュウコンは隈なく捜索した。
早く止めないと......
エビワラー『キュウコンーー!』
エビワラーの声!?。
追ってきたんだ。
見つからない様にしなきゃ!。

書き込み時刻2019-10-30 17:58:27

[1763] センター

.....30分は探してるけど見つからない。
マルマインさん本当に何処にいるんだろう?。
バチバチ!
ん?。
あの雷......。
まさか!
マルマインさんかな!?。
行かなきゃ!。

書き込み時刻2019-10-30 18:45:02

[1764] センター

.......確か、雷はこの辺にあった筈だけど..。
見当たらないな。
うーん。
ドカーン!!!
キュウコン『きゃあ!?』
すぐ近くで何かが落ちてくる音が轟いた。
マルマインさん!?。
ドカーン!
ドカーン!
雷は鳴り続く。
ここだ!。
キュウコン『マルマインさん!!』
.......
レントラー『ん?』
........マルマインさんじゃない!?。

書き込み時刻2019-10-30 18:48:13

[1765] センター

番外編。
キルリア『皆さんこんばんは番外編の時間です』
アブソル『なんか久し振りだな』
キルリア『いやぁ、まさかルクシオ奪回編のボスと遭遇するとはね』
アブソル『いきなりだよな。なんでこんな所にいるんだよ』
キルリア『キュウコンはレントラー相手にどう立ち回るか、楽しみだね』
アブソル『どう立ち回るかは作者の力量だ。つまり期待はするなという事だ』
キルリア『あははは......』
アブソル『そしてマルマインかこいつは一体何処で何してんだ?』
キルリア『うん。そうだね』
アブソル『このまま離脱するのか?』
キルリア『いや、それは無いんじゃないかな?。一応場所が無人島で船ないと出れないし』
アブソル『確かにそうだな』
キルリア『進行遅くて最早舞台が無人島という事を忘れそうだね』
アブソル『それな。また、作者の更新頻度が減ってるから』
キルリア『進行もグダグダだしね。ようやくボスと遭遇したぐらいだもんね』
アブソル『遅い。余りにも遅すぎる』
キルリア『途中ですが今回はここまでです。ありがとうございました!』
アブソル『せめて切りの良い所まで.....』

書き込み時刻2019-10-30 19:28:43

[1766] センター

ウォーターズ編第15話「スパイ」
朝。
ワニノコ『起きろ!朝だぞ!』
ピカチュウ『うーん。おはよう』
クチート『おはよう.....』
リオル『朝か.....』
イーブイ『おはようございます』
ピカチュウ『.....ワニノコしっかり寝た?』
ワニノコ『ああ、ぐっすり眠れました』
ピカチュウ『何で敬語?』
ワニノコ『あはは、寝起きで変になってるな』
リオル『しっかりして欲しいね。リーダー』
クチート『さて、どうする?。私達の進路は?』

書き込み時刻2019-11-05 23:22:43

[1767] センター

ワニノコ『この森を探そう』
ピカチュウ『ルクシオもそうだけどヒノアラシとも合流したいね』
クチート『そうね。無事であって欲しいけど』
イーブイ『一刻も早く見つけないとダメですね』
ピカチュウ『ヒノアラシとルクシオどちらを優先させるべきかな?』
ワニノコ『まあ、ルクシオだな。逃すともう2度と俺らのギルドに戻れないしな』

書き込み時刻2019-11-05 23:28:19

[1768] センター

ワニノコ『急いで探そうルクシオを』
ピカチュウ『そうだね。ルクシオとまた冒険したいしね』
クチート『私はまだ入って日が短いからよく知らないけど、彼は強いの?』
ワニノコ『ルクシオは、俺たちの中では1番の古株だし、強いと思うぞ』
ピカチュウ『うん。少なくとも僕よりは強いね』
リオル『そんなポケモンが悪の組織の後継者なんだね』
イーブイ『ルクシオさんは嫌がってましたね』

書き込み時刻2019-11-17 22:03:47

以下の行為はアクセス禁止の対象になりますのでご注意ください。

  • ・乱数調整に関する質問・回答
  • ・モラルのない書き込み、非常識な書き込み
  • ・他人を侮辱する行為
  • ・他人になりすます行為
  • ・改造、バグ技、裏技、エミュレータに関する質問・回答

名前 ※名前を入力してください

コメント ※コメントを入力してください

※書き込んだ内容は修正・削除ができません。

スポンサードリンク