ミジュと共に

[1] bw

初めまして!bwです‼この掲示板に書き込むのは初めてです。定期的に書き込めるか分かりませんが、よろしくお願いします!

母「ショウタ‼アララギ博士が研究所で待ってるって言ってたわよ!」
「はーい」
俺はショウタ。今日は初めてのポケモンを受けとる日。俺はこの日を楽しみにしていた。
母 「ショウタ、準備できた?」
「もう少しだよ。お母さん。」
母「はい。ランニングシューズ。」
「ありがとう」
バックの中身をチェックする。キズぐすり、ポケモンの本、帽子。
よし、多分大丈夫。
母 「ショウタ、地図持ってるの?」
「あ、持ってないや。」
母 「はい。タウンマップ」
「ありがとう」
よし、出発しよう。 さっきもらったランニングシューズを履く。
母 「あと、これ。ライブキャスター。」
「あ、ありがとう。」
靴ひもを結びながら受けとる。
母「何か困ったらこれで話せるからね。」
「うん。分かった。」
「じゃあ、いってきます!」
母 「気をつけてね。」
「うん。」
バタン。ドアが閉まる音がした。

書き込み時刻2012-12-15 10:15:51

[2] bw

「研究所ってここかな」
うん、アララギ研究所って書いてある。
ピーンポーン
「はーい‼」
ガチャ。キィィィ。ドアが開いた。
アララギ博士(以下 博)「どなた?」
「初めまして。ショウタです。ポケモンをもらいにきました。」
博「ああ、ショウタくんね。さあ、入って。」
「お邪魔します。」
すごい。機械がたくさんあって、いかにも研究所って感じがする。
博「こっちよ。」
???「よう!ショウタ!お前もポケモンもらうのか?」
「え?誰?ってユウじゃんか!!」
そう。ユウは俺の幼馴染で、色々とライバル的存在。運動会の100m走でも1位と2位を競ったし、
学力も同じくらい。(学力に関しては、二人とも成績は微妙だけど…)いろんな意味で親友だ。
ユウ「まさかお前と同じ日にポケモンをもらうなんてな。」
博「二人とも知り合いだったのね。なら話ははやいわ。ポケモンを順番にえらんでちょうだい。」
二人 「はーい」
ユウ「お前が先にえらべ。」
「うん。」
どれにしよう?うーん…
博「いきなりえらべって言われても、難しいわよね。じゃあ、私が三匹の説明をするわ。」
二人「お願いします!」
博「左から順番にいうわよ。まず、この子はポカブ。炎タイプよ。」
ポカブ「カブッ!」
確かに、体全体がオレンジっぽい色でいかにも炎タイプって感じだ。
博「この子はツタージャ。草タイプよ。とてもプライドが高いの。」
ツタージャ「タージャ!」
目が半目で、こっちを見下しているみたいで、ちょっと俺には合わなそう。
博「最後に、この子はミジュマル。水タイプよ。少し天然だけど、まあ、やる時はやってくれるわよ。」
ミジュマル「ミージューミジュマー!」
テッテッテ、ズザァーッ
博「わっ!だっ、大丈夫⁉」
ミジュマル「ミジュー…」
博「こんな感じにね…ドジっ子なのよね。」
今の転び方は凄かった。ホントに天然らしい。
博「ショウタくん、どの子にする?」
うーん…よし、決めたッ!
「俺、ミジュマルにします‼」
ミジュマル「ミジュ⁉(ホント⁉)」
博「今のを見たのに、この子にする?まあ、決めたならいいわ。はい、どうぞ。」
「ありがとうございます‼」


長くなったので、ここで切ります。

書き込み時刻2012-12-15 13:27:38

[3] bw

博「ショウタくん、その子にニックネームをつける?」
「そうします‼」
えーと、どんなのがいいかな?うーん…
ミジュマル「ミジュー!」
「 決めたッ!ミジュにしよう!!」
博「うん、いい名前ね‼」
「ミジュマル、これからはミジュって呼ぶからな、一緒に旅をしような!」
ミジュ「ミージュー!」
博「じゃあ、ユウくんはどの子にする?」
ユウ「俺はプライドが高いのが気に入った!!ツタージャにするぜっ‼」
博「じゃあユウくん、どうぞ。」
ユウ「ありがとうございます‼」
ユウ「よろしくな。ツタージャ。」
ツタージャ「タジャ?」
博「ツタージャ、あなたはこれからはユウくんと旅をするのよ。」
ツタージャ「タジャ。タージャ!(旅!?楽しそう!!)」
博「これは、私からのお願い。私は、こうやってポケモンの研究をしているでしょ?そこで、二人に旅をしながらポケモンの生息状況を調べて欲しいの‼」
二人「是非やらせて下さい‼」
博「じゃあ、そのために、これを受け取って!」
二人は、アララギ博士からポケモン図鑑をもらった!
博「あなたたちは、ポケモンジムを知ってる?そこには、ジムリーダーという、とても強いトレーナーがいるのよ!そのジムリーダーに勝つと、ジムバッジがもらえて、それを8個全て集めると、ポケモンリーグに参加できるのよ!二人も是非挑戦してみたらいいわ!」
二人「はい!」
ポケモンリーグか…俺も挑戦してみたいな

書き込み時刻2012-12-15 13:53:56

[4] bw

ユウ「それで、そのポケモンジムはどこにあるんですか?」
博「ジムは、この街にあるわ。でも、ポケモン一匹だけじゃ、ジムリーダーに勝つのは難しいわ。
近くの道路でポケモンを捕まえて、ポケモンを育ててから挑戦した方がいいわ。」
ユウ「なら、俺はさっそくポケモンを捕まえてくるぜ‼アララギ博士、ありがとうございました‼」
ダダダダッ ガチャッ キィィ、バタン。
博「行っちゃったわね… ほら、ショウタくんも負けてられないでしょ?行っちゃっていいわよ。
「はい!博士、ありがとうございました‼」
タッタッタ、ガチャン。
この先は、野生のポケモンのいる19番道路か。これから始まる長い旅。楽しみだなぁ。ワクワクしてくる。
博「ショウタく~ん!」
「博士、どうしたんですか?」
博「いやぁ、ポケモンを捕まえてねと言ったはいいけど、モンスターボールを渡してなかったのよ。多分今頃ユウくんもボールがなくて困ってると思うから、悪いけどショウタくん、モンスターボールをユウくんに渡してくれる?」
「分かりました!」
博「ありがとう!じゃあ気をつけてね~‼」
「はーい」
この草むらにポケモンがいるんだな…
ガサガサ、ガサガサ。

ズバッ!
「わぁ!!」
野生のミネズミだ!
「いけっミジュ!!」
ミジュ「ミジュ!」
「ミジュ!体当たり!」
ドン!
ミネズミのひっかく!
「ミジュ、大丈夫か!?」
ミジュ「ミ、ミジュ。」
「ミジュ、体当たり!」
ドーン! バタン。
ミネズミは倒れた。ミジュはレベルアップした!
「よくやったぞ。ミジュ。」

今日はここら辺で。次回に続く。

書き込み時刻2012-12-15 14:34:25

[5] ネコ

bwさん

主人公のショウタ目線で描かれているので、ショウタの思いがストレートに伝わってきて、感情移入してしまいます!
会話文の方が多いのに、情景や感情がうまく伝えられるってすごいと思います。
私の場合、それを伝えるためには説明文で細かくする方法しか持ってないので、どうしても登場人物たちの会話が少なくなったり、ストーリーの進み具合が遅くなったりしがちなんですよね・・・
新米トレーナーのみずみずしい世界は、どう変化していくのでしょうかーー!?
応援してますね♪

書き込み時刻2012-12-16 00:55:06

[6] bw

ネコさん、ありがとうございます!
今、忙しいので、更新はクリスマス明けになってしまうと思いますが、そこのところはお許しください。

次回:あの赤髪のおじさんにショウタが出会う!?

書き込み時刻2012-12-21 19:04:58

[7] bw

お久しぶりです!

ふう。やっと草むらを抜けた...。
「ん?あれ、あっちに何かある!なんだろう?」
その方角に向けて走る。
「あ、あれは町かな?」
タッタッタ
「やっぱり町だ。看板がある..。」
ーサンギタウンー
サンギタウンっていうんだ...。なんか落ち着くなぁ。
???「おい!そこの若いの!旅のものか?」
「はい。ヒオウギからきました。まだトレーナーになったばかりで...。」
???「そうか。わしはアデク。ちょいと前までポケモンリーグのチャンピオンをしておった。」
えぇぇ!?すごい!元チャンピオンの人に会えるなんて!
アデク「おぬし、バッジは持っておるのか?」
「いいえ。まだ持ってないです。」
アデク「そうか。ここから先はつよいポケモンやトレーナーがわんさかいるぞ!?」
「そうなんですか!?でも俺はまだミジュマルしか仲間がいないんです。」
アデク「ふむ。なら、おぬしの名はショウタかの?」
「え!!はい。そうです。なんで知ってるんですか?」
アデク「いや、さっき威勢のいい若いのが、ユウといったかの..サンギ牧場で待ってると伝えてくれ!と頼まれてのぅ。若いのは一目散にポケモンセンターでモンスターボールを買って、いってしまったのぅ。」
「えぇっ!あの、サンギ牧場ってどこですか?」
アデク「そこの道路を奥に行って左に曲がったところじゃ。」
「ありがとうございます!!じゃ、早速行ってきます!」
全く...元チャンピオンに「伝えてくれっ!!」って...何サマだよアイツ...

続く

書き込み時刻2012-12-24 14:24:04

[8] bw

こんにちは!皆さんはクリスマスを楽しく過ごせましたか?
じゃぁ、続きです!

「ふう。牧場は確かこっちってアデクさんが言ってたよな。」

ビュオオオッ

わあっすごい風だなぁ。帽子が飛んでいっちゃいそうだった。
・・・。ん?あれ、ユウのツタージャじゃないか?
ユウ「おお!やっときたかショウタ。待ってたぜ。」
「今のすごい風、ツタージャが起こしたの?」
ユウ「いいや。こいつだよ。」
ユウのとなりに鳥ポケモンがいる。ええと、こういう時にはポケモン図鑑!

ピッ ピピピッ
―マメパト。こばとポケモン。-
「へぇマメパトっていうんだ。」

中途半端ですが、続く。

書き込み時刻2012-12-26 11:24:34

[9] bw

こんにちは!もう大晦日ですねぇ。今年もあっという間に過ぎてしまいました。では続きです!

ユウの隣にいるこのマメパト、ユウのすねくらいしか背丈がないのに、さっきみたいな強風をおこせるのか。
ポケモンのパワーを改めて痛感する。
「ユウはほかにもポケモンを捕まえたの?」
ユウ「ううん。まだこいつとツタージャだけだ。」
「でさ、呼び出した要件は何?」
ユウ「俺とバトルしようぜっ!」
「バトル?」
ユウ「そうだ!バトルだっ」
「よーし!わかったよ!勝負だっ!!!」

ユウがバトルをしかけてきた!
ユウ「いけっツタージャ!」
ツタージャ(以下ツ)「タージャ!」
「いけっミジュ!」
ミジュ「ミッジュ!」
ツタージャの、にらみつける!  ギンッ!
「ミジュ!たいあたりっ」   ドーン!
ツ「タ――ジャァ」
今のは効いたみたい。ツタージャは少しよろよろしてる。
ツタージャの体当たり!
ツ「タァージャッ」    ドーン!
ミジュ「ミジュゥウ!」
「ミジュ!がんばれっ いけっ体当たり!」
ミジュ「ミーィジュッ!」   ドーン!
ツ「タジャッ!」   ドサッ。
ユウ「ツタージャっ!」
ツタージャは倒れた。
ユウ「クソッいけっマメパトっ」

今回はここで。(なんかいつもマメパトのところで終わる気がするなぁ)
それでは、良いお年を!

書き込み時刻2012-12-31 11:13:23

[10] bw

あけましておめでとうございます!bwです!
続きをどうぞ!

ユウ「くそっいけっマメパトっ」
ユウはマメパトをくりだした!
マメパトの電光石火!   シュバッ
ミジュ「ミジュゥウ!」 ズザザッ
「ミジュ!体当たり!」 ドーン
マメパト「パトォオ!」
ユウ「マメパトッ!ふんばってかぜおこしっ」
30センチくらいの小さな体が空高く舞い上がる。

ビュォオオオオオッ

!?さっきの風よりも強・・・
ミジュ「ミィジュゥウウ!」  ヒュゥウ  ドッシーン
「ミジュっ大丈夫!?」
ミジュは風でふっとばされて運悪く横幅2Mくらいの巨木に激突してしまった。
見るまでもなく、ミジュはノックアウトしていた。
ユウ「やった!ナイスマメパトっ  うん。ツタージャもな。」
「くそっ・・・」
負けてしまった。初めてのバトルで負けたと思うと、胸が痛い。
???「ナイスバトルだったぞ!きみたち。」
声の方には、40歳ぐらい(?)のやさしそうな男性の姿。
「あ、あなたは・・・」
???「わたしはここの牧師だよ。」
ユウ「すみません!人の土地で勝手にバトルをして・・・。」
牧師「いいって、いいって。わたしも久しぶりにバトルを見れてうれしかったぞ。それにしても、君のマメパトのかぜおこしは猛烈だねぇ。」
ユウ「ありがとうございます!」
「はい。俺のミジュもそれにやられてしまって・・・。」
牧師「でも、ミジュマルとツタージャの1対1なら君の勝ちじゃないか。そう気を落とさなくてもいいだろう。」
ユウ「せっかくだから、何かお手伝いできますか?」
「あ、ぼくも手伝います!」
牧師「じゃあ、お言葉に甘えさせてもらうぞ。わたしの牧場にはハーデリアが2匹いるんだが、もう一匹が探してもいないんだよ。探すのを手伝ってくれるかい?」
二人「はい!是非!」

今回はここで。皆さんにとって今年がいい年でありますように。

書き込み時刻2013-01-05 12:58:19

[11] bw

こんにちは!bwです!


(はぁ…。のどかだなぁ)とショウタは思った。
下は草むら、前をみればうっそうとしげる樹木。そこはあたり一面緑色の世界だった…。

ユウ「お〜い!!ショウタぁ〜早くこっちに来いよ〜!おせ〜ぞ!」
100mほど先に、ユウがこっちを向いて手を振っている。
(おせ〜ぞ!って…お前が早いだけだろ…。)
ショウタは仕方なく走って追いかけていく。
ユウ「まだかよ〜!先行ってるぞー!」
ユウはそう言って猛ダッシュで右に曲がっていってしまった。
(まったく…。2,30秒くらい待とうぜ…。)
ユウ「うわーっ!!はなせっ!!!」
ユウの走っていったほうから大声がした。
「えっ!?ユウどうしたの!?大丈夫!?」
ショウタは今までの二倍のスピードで声の方へ走っていく。
ユウ「はなせっ…この…はなせったら!!」
(……。)
目の前には全身黒ずくめのいかにも悪役という感じの男にはがいじめにされたユウの姿。

続く

書き込み時刻2013-01-13 11:27:52

[12] ネコ

お久しぶりです!ネコです♪
冬休みはパソコン開いてませんでしたw
やはりテンポよく進んでいくストーリーっていいですねぇ…
私の小説はグッダグダすぎて、リセットせざるを得ない状況なので、見習いたいです…w
あ、かなぁーり遅れましたが、あけましておめでとうございます!

書き込み時刻2013-01-16 22:49:31

[13] bw

ネコさん、コメありがとうございます!
実はポケダンのスレでネコさんの小説をよんで、「やってみようかな!?」と思ってこの小説を始めたので、私の中ではネコさんはお手本のような存在なんです!
 そんなネコさんにほめて頂けて、ほんとにうれしいです!
勝手ながら、これからもお手本にさせていただきます!

では。

書き込み時刻2013-01-20 10:11:31

[14] bw

前回の続きでーす!

「おい!ユウをはなせっ!」
男「ちっ・・。ガキが…。  このプラズマ団に逆らうとどうなるか…教えてやるっ!!」

「このっいけっミジュマルっ!」
ミジュ「みーじゅー!」
P団「ちっ…もう一人いたのかよ…。しょうがねぇ…ここは逃げるっ!!!」

 ダダダダッ

男は去っていった…。
ユウ「サンキューショウタ。助かったぜ…。」

???「ワン・・ワーン!!」
ユウ「ん!?犬の遠吠え!?あっちから聞こえる…。 行ってみよう!」
ハーデリア「ワン!ワン!」
先ほど男が立っていたところの奥に、罠のようなものにかかっているハーデリアが。
ユウ「ハーデリア!今助けるぞっ!!」
ユウは鎖のようなものをほどく。

ガチャガチャ…ガコン!
ユウ「よし!開いた!」
ハーデリア「ワンワン!」
どうやらお礼を言っているらしい。
ユウ「ああ。わかったから。ほら、お前の飼い主さんのとこへいくぞ!」
ふたりは牧師さんのところへ走っていった…。

続く

書き込み時刻2013-01-20 10:30:20

[15] bw

間があいてしまいスミマセン…。

ユウ「牧師さん!ハーデリア、いましたよ!」
牧師「おお!よかった。どこにいたんだい?」
ユウ「じ… 実は…」
ユウはさっきの出来事を牧師に伝えた。
牧師「そんなことに…君たちとハーデリアが、無事でよかったよ。」
牧師「そうそう。ここの野生のポケモンは、自由に捕まえていいからな。ま、そういうことで。
ありがとな。二人とも。」
牧師は牧場の入口付近にある、二階建ての木造住宅に入っていった。
ユウ「俺はジムに挑戦してくるぜ!」
ユウはいつも通りの猛ダッシュで、ヒオウギの方へいってしまった。

★おしらせ★
ユウはこれからたくさんのポケモンを捕まえていきます。そこで、皆さんが「このポケモンを使ってほしい!」というポケモンがいれば、コメで教えてください!
別の地方のポケモンも、okですので、バンバン募集していきまーす!

※ポケモンを話に出す時、正規の生息地ではなくても、目を瞑ってください…。

書き込み時刻2013-02-05 17:37:17

[17] 劉雅

初めて劉雅です。(^o^)/
いきなりコメします。(>_<)
ショウタが次に捕まえるポケモンが何になるのか気になります\(☆o☆)/

書き込み時刻2013-02-07 15:16:01

かならず掲示板ルールをお読みください。

ルール違反な書き込みを行った者は、アクセス禁止になり、サイトを見ることが出来なくなります。



以下の行為はアクセス禁止の対象になりますのでご注意ください。

  • ・ポケモンと無関係な小説の書き込み
  • ・ふさわしくない内容の小説(残虐行為、同性愛など)
  • ・同一人物の小説複数進行
  • ・小説の真似、盗作
  • ・なりきり小説でのキャラ崩壊
  • ・書き込み者を限定するスレッドの作成
  • ・スレッドの宣伝書き込み
  • ・個人HPの宣伝書き込み
  • ・ふさわしくない書き込み

名前 ※名前を入力してください

コメント ※コメントを入力してください

※書き込んだ内容は修正・削除ができません。

スポンサードリンク