【ポケダン】記憶喪失の君と、臆病な僕で。

[1] うきゅあ

ポケダンみたいな感じです。

感動系にするつもりですが、そうなるとも限りません。

コメントしてくれると、嬉しくて泣きます←

書き込み時刻2013-08-11 10:44:30

[2] うきゅあ

~1~

「……おーい。ねぇ、ねぇってばー」

「……うぅ」

体が痛い。私は目を開けてみる。

「……あ、起きた!」

そこには、『リオル』がいた。
そして、リオル(?)の家にいた。

「……うわぁ!?えええ!?ぽ、ポケモン!?何これ、夢!?」

焦る私を、リオル(?)は変な目で見ている。

「……何言ってるの?君こそポケモンじゃん……」

「へ?」

私は恐る恐る、手を見てみる。

「!?」

そして、近くにあった水で、自分の顔を見てみる。

「ええええええええええ!?え、エネコになってる!!」

「……?よく分からないけど、ここに居るのはみんな、ポケモンだよ?」

「!?」

リオル(?)の意外な発言に、私はビックリし、危うく水に顔を突っ込みそうになった。

「……それ、本当?」

「……うん。君、名前は?」

「……え、エネ」

「へぇ、エネっていうんだ。良い名前だね!ボクはリオ!」

「う、うん……」

私はとりあえず、自分は元々人間ということを伝えた。

「そ、そうなの!?人間だなんて……、ビックリだよ……!えっと、こういう時は、詳しい人に聞こう!」

そう言いリオは、外へ向かう。そして私は、リオの後ろをついていく。

書き込み時刻2013-08-11 11:04:44

[3] うきゅあ

~1~ (2)

「……はぁ、はぁ。リオ走るの早すぎ」

「……ご、ごめん!と、とりあえずここはね、物知りなナマズンさんがいるんだ!」

「……へ、へぇ。とりあえずこれで私は人間に戻れるんだね」

がチャリと大きな扉を開く。

中は結構綺麗で、おしゃれだった。

「ほお、リオか。どうした?また石のことか?」

「それも知りたいけど……。あのね、ここにいるエネコ、元々人間だったって言ってるの」

ナマズンさんは、私を驚きの目で見ている。

「えっと」

そして、分厚い本を取りだし、パラパラとページをめくる。

「えっとな……ふぉ!?」

「ナマズンさん!?」

ナマズンは変な声を上げ、私たちを見つめ、遠慮した感じの声を出す。

「実は、そのエネコさん。もしかすると、この世に悪影響を及ぼすかもしれん……」

「えっ!?」

リオは私を見る。

「エ、エネは、そんなことしないよ」

「あのな、お主も知っているだろう。ここから遠く離れたところにも、同じようなヤツがいたんだよ」

「あぁ、確かにいたかも。でも彼らは、この世を救ったんじゃないの?英雄みたいになってるし」

「あぁ、そうなると良いんだがな……。どうもこのエネコさん、悪影響を及ぼす存在かもしれん」

私はただ、黙って聞いていた。うん、やっぱり傷つくな。

自分が悪影響を及ぼす存在だって、言われると。悲しいなぁ。

「まぁ、人間に戻ることは出来ん」

「……えええ!?このままで私、生きるの!?」

「……そうだな」

「ええええ……」

「……ありがとう、ナマズンさん」

「あぁ、悪影響を及ぼす可能性は20%くらいだから、気にするなよ」

「は~い……うう」

元に、戻れないのかぁ……、と私はトボトボリオの後をついていった。

書き込み時刻2013-08-11 11:23:20

[4] うきゅあ

「眠たくないでしょ?」

「え、あ、うん……」

「ならさ、ボクの話、聞いてくれる?」

「?うん、いいよ」

焚き火の炎が、大きくなる。炎で、リオが赤く見えた。

「あのね、ボク。探検隊になりたいんだ。いろんなところを探検して、有名になって。かっこいいと思わない?」

「うん、良いと思うよ」

リオの目がキラキラ輝く。

「でもボク一人じゃ出来ないんだ。一人で探検隊になる勇気がなくて……。だからお願い!一緒に、探検隊にならない?」

「え……!?」

意外な誘いに、思わず驚いてしまった。

「……そうだなぁ、行くところもないしね。うん、良いよ!なろう」

「本当!?ありがとう……!」

嬉しさのあまりか、リオはポロポロと、泣き出してしまった。

「エネとボクなら、何だって出来るよ!頑張ろうね!」

「……うん!」

書き込み時刻2013-08-17 19:56:48

かならず掲示板ルールをお読みください。

ルール違反な書き込みを行った者は、アクセス禁止になり、サイトを見ることが出来なくなります。



以下の行為はアクセス禁止の対象になりますのでご注意ください。

  • ・ポケモンと無関係な小説の書き込み
  • ・ふさわしくない内容の小説(残虐行為、同性愛など)
  • ・同一人物の小説複数進行
  • ・小説の真似、盗作
  • ・なりきり小説でのキャラ崩壊
  • ・書き込み者を限定するスレッドの作成
  • ・スレッドの宣伝書き込み
  • ・個人HPの宣伝書き込み
  • ・ふさわしくない書き込み

名前 ※名前を入力してください

コメント ※コメントを入力してください

※書き込んだ内容は修正・削除ができません。

スポンサードリンク