カロスの元悪少女

[1] アストロ

どうもこんにちは

この小説はゴーゴー4のミライがメインの話でとある石を全部集めたいと思いカロス地方に旅立つというはなしです

オリキャラを2人出します
あとヨウジは今回はドラマーでかかせていただきます
他メンバーはとある事情でクリスマス前まで来ません…

僕自身は彼らと同様の理由でXYを買えてませんが…

書き込み時刻2013-11-12 18:15:48

[2] アストロ

11月のある日 1人の少女がカロス地方に船で降り立った
彼女の名はミライ かつて悪事をはたらき現在はバンドの一員をやっている
他メンバーは現在別のことで大変でクリスマス前にはこれそうだと言っている
ミライは他メンバーと連絡をとりあうことができる
他メンバーの状況はそれで確認できる
早速ミライはアサメタウンへ
そこで四人の子供たちと出会う
しかしゴーゴー4は海を渡って知れ渡っていたのか1人の子供が「他のメンバーさんはいないの?」と聞いてきたので「あ、ああ、えーと…なんて言ったらいいんだろか…」と返そうとすると電話が 取り出すとヨウジがどでかい声で「おい!ユウキが深海魚にやられ…」と聞こえてきた 四人の子供はざわつく しかしミライは「あのね…それどでかい声で言う必要ある?」ヨウジはすいません…と言って謝り、電話のむこうでケンカのこえが ミライは電話を切ると「ご、ごめんね!あの2人いっつも仲悪いから…」子供たち「ふーん、でもヤライさんが止めてくれるんでしょ?」ミライ「普段はね でも今は止めようとすると逆に言われる立場だからね 今はライブで知り合った2人組が止めてるんだ」子供たち「そーなんだ!じゃあ本題に戻るね」ミライ「なんか話それちゃってごめんね…」子供たち「じゃあこの中で好きなポケモン選んでね!」ミライ「えーと…じゃあ…」

書き込み時刻2013-11-12 18:50:30

[3] アストロ

ー暫くして…
1人の子供「決まった?」ミライ「決まったよ」1人の子供「じゃあ勝負ね!」ミライ「いいよ ところで名前聞いてなかったね」1人の子供「言ってなかった?私はサナ」ミライ「サナ…ね…どっかで聞いた覚えがあるような名前だね…」サナ「そうなんだ…じゃ始めるよ!」
…勝負終了後
サナ「あー楽しかった あ!他の3人もしょうかいしとくね トロパとティエルノと…カルマ!」カルマ?「カルムなんだけど…」サナ「あ、間違えた♪」ミライ「ヤライ兄さん達がすきそうなもの…だね、それ…」サナ「あれ?今日は他のメンバーさんから連絡はないの?」ミライ「今日は他メンバーいろいろとあるからね…」サナ「具体的には?」ミライ「剣とか月とか…あ、そうだ!」と言ってスマホを取り出し電話をし出した ???「はい」ミライ「ミライだよ?そういや今日からマラソンあるみたいだけど…」数分後 ミライ「分かった?」???「…そう…」と聞いて電話を切った サナ「何話してたの?」ミライ「カロスに来る時には絶対に包帯とかまいたり黒い羽を片方につけて来ないでって他メンバーにいったの」サナ「それって…」ミライ「うん 正に…って言わなくてもわかるか ティエルノくんやトロパくんには絶対になって欲しくないなー 」ティエルノ&トロパ「う、うん…少なくとも覚醒とかは絶対に…」カルム「?ああ、誰にも治せないあれのことか…」サナ「それはさておき自然がいっぱいの道路に出ようよ!道路にはお花とかがいっぱい見られるよ!」ミライ「花…?ブルブル…」サナ「どうしたの?お花に異様におびえてるようだけど…」ミライ「ううん、気にしないで…」サナ「じゃ、早くいこっか ポケモン博士はこの先にいるんだ」ミライ「分かった なんかごめんね…」サナ「気にしないでいいよ 早くいこっか」ミライ「うん!」

書き込み時刻2013-11-13 23:28:51

[4] アストロ

森にて
ミライ「ここを抜けると最初のジムがあるってサナちゃん言ってたけど…ここかな?」???「あ、ちょっとまってー!」ミライ「?あ、サナちゃん!」サナ「私も一緒に行く!」ミライ「あ、うん分かった」
森の中 サナ「ここにはね、ピカチュウがいるんだよ」ミライ「ピカチュウね〜 」サナ「他のメンバーさんはピカチュウのこと好きなの?」ミライ「まあ… だけど兄さん達は今はそれ聞くと明らかに別の方を言い出すから…」サナ「?どういうこと?」ミライ「うーん、説明が難しいな…」サナ「じゃあ 他のメンバーさんが来てから聞くね」ミライ「そうしてくれた方がうれしいよ」サナ「そういや ミライちゃんってバイオリン弾けるんだよね?聴いてみたいなー」ミライ「え?ここで?小型のバイオリンは持ってきてるけど…じゃあかるく一曲だけ…」
数分後ー
サナ「やっぱりプロは違うなー」ミライ「プロってわけじゃないんだけどね…なんか照れるな…」サナ「あ、みんな集まってきたみたい みんな心が安らぐんだね あれ?なんか木から声が聞こえるんだけど…」ミライ「どんな感じの声?」サナ「なんか嘆いてるような声がする… あれ?声が消えちゃった…」ミライ「嘆く木⁉︎ブルブル…」サナ「どうしたの?またおびえてるけど…」ミライ「大丈夫だよ♪だけどこの先また怯えるようなことがあるかも…」サナ「そう…あ トロパ達が集まってきた とりあえず森から出たらみんな分かれるけどまた会えるから気にしないでね♪」ミライ「うん!」

書き込み時刻2013-11-15 22:37:36

[5] アストロ

すいません!かなり更新してませんでした!21日と22日にイベントいってたので… かなり空いたのでミライちゃんの旅もかなりすすんでます 今回は他メンバーがカロスにつく話です ミライちゃんはミアレシティ全体を回れてます それではどうぞ

書き込み時刻2013-12-25 23:07:47

[6] アストロ

12月25日 クリスマス当日 ミライはミアレシティにいた
今日は諸事情で別のとこにいたゴーゴー4の他メンバーとバックバンド2人が来る予定の日であってゴキゲンな様子 早速連絡してみると… ユウキ"ミライか?今モーターボートでそっちに向かってる!
"
ミライ"なんで⁉︎なんでモーターボート?!"
ユウキ"乗っていた船が深夜過ぎにつくというからクリスマスに着きたくて船長に無理言って使わせてもらった!"
ミライ"…はぁ… ギターとかどうしたの?"
ユウキ"船に置いてきた!明日の朝取りに行く "
ミライ(なんか心配だな…)
ユウキ"船がかなり速いからすぐ着きそうだ!ホウライエゾ(深海魚の一種)1匹連れていく"
ミライ"なんでホウライエゾ⁉︎"
ユウキ"あれで出たからだ"
ミライ"あれで出たからって…私のやってるやつは?"
ユウキ"今回はヨウジがやってくれた 大天使とランチが課題で全然とれなかった…"
ミライ"ヤライ兄さん今回なかったんでしょ?"
ユウキ"兄さんはオレらと一緒に見たいといって残ったんだ"
ミライ"そうだったんだ…先に行ってごめんね…"
ユウキ"いいよ けど…イブに来れなくてごめんな…"
ミライ"クリスマスのことは気にしないで バイオリンだけで大丈夫だったから"
ユウキ"そうか… 年末はみんな一緒だから大丈夫だ"
ミライ"ありがとう…"
ユウキ"!?"
ミライ"どうしたの⁈"
ユウキ"やばい…ブレーキ効かなくなった…最高速までいったからこのままじゃ岸に乗り上げて空中飛ぶぞ…"
ミライ"ええ⁉︎みんな大丈夫なの?"
ユウキ"とりあえずは…"

書き込み時刻2013-12-25 23:37:23

[7] アストロ

ミライ(なんか色んな意味で心配になってきた…)
ユウキ"切るぞ!"
ミライ"分かった!けどちゃんと生還してね…"
ユウキ"もちろんだ!"
ピーッ
連絡が切れた

ミライ(大丈夫なのかなぁ…)
と思ってるとキャスターからこんなニュースが流れた
"ニュースです 今夜 サンタを乗せたと思われるソリが空中を飛んでるのを発見しました ソリの先にはトナカイらしきものがおり 目撃者からはサンタさんが2日連続で来たと証言しています 繰り返します…"
ミライ(どんなモーターボート借りたんだ…)

同じ頃、空中を飛んでいるユウキたち
ユウキ"なんでトナカイがついたモーターボート借りたんだよ!"
バックバンド男"しゃーねーだろ 船長がもう使わないといってたのがこれなんだから"
ユウキ"これだったらSOSとどかねぇよ!"
ヨウジ"兄さん…すぎたことはもう気にしないでおこうよ…"
ユウキ"うっせえよ!お前が言うなし"
ヤライ"落ち着けって ここで喧嘩してたらバランス崩してみんな落ちるぞ…"
ユウキ"うっ…わ、わかったよ"
バックバンド女"とりあえず救援を待とうよ あの大会の酔いがさめぬうちにいったから誰もポケモン持ってないんだよ?"
ヤライ"そうだな しかしこのボートがあと何時間もつか…"
ユウキ"そうだ!ミライに救援をしておこう"

ブー
ミライの携帯がなる
とってみるとユウキから"ミライ!なんか手持ちで使えるやついないか?でっかい羽もつやつで!"
ミライ"大きな羽を持つもの?うーん、まだいないな…"
ユウキ"あぁ…終わった…"
ミライ"ごめんね…切るよ"
ピッ

かなり悩んでいるミライのまえに1人の女性が目の前に現れた
???"どうしたの?悩みがあるなら聴いてあげるよ?"
ミライ"うん…ってだれ!?"
???"忘れたの?あなたの元敵だよ?"
ミライ"元敵って…まさか…ヒナタちゃん⁉︎"
ヒナタ"そうだよ コートはおってたからわかんなかったかな?"
ミライ"わかんなかった…"
ヒナタ"ちょっと興味あったからきてみたんだけどね♪ で大きな羽を持つポケモンがいるんでしょ?"
ミライ"そうなんだけど…ヒナタちゃん1匹しか持っちゃダメなんだよね?しかもこの周辺に大きな羽を持つポケモンなんていないし…"
ヒナタ"大丈夫だよ!絶対大丈夫だよ!"
ミライ"それどっかで聞いたことある不安しかない上に信頼できない言葉なんだけど…"
ヒナタ"だってね…"

書き込み時刻2013-12-26 00:22:33

[8] アストロ

空中のユウキら
バックバンドメンバー男"やばい!失速してる!このままじゃ発電所に突っ込んでみんなしぬぞ!"
ユウキ"なんだって!?操縦できるとこ操縦して回避できることはできないのか?!"
バックバンドメンバー女"できるけどその場合森に突っ込んでみんな大怪我しちゃうよ…"
ヨウジ"つまりどっちを選んでもオレ達にとっちゃ地獄なのか…"
ヤライ"怪我しないで生還する方法はないのか…?"
全員"…"

ミライ側
ミライ"す…すごい…ヒナタちゃんこんなんもってたんだ…"
ヒナタ"レンジャー本部から移動用にもらったんだ♪"
ミライ"でも場所わかんなかったら…"
ヒナタ"だから大丈夫って言ってるじゃん ミライちゃん携帯もってるでしょ それをね…"

再び空中のユウキら
ヨウジ"ダメだ!もう操縦できない!発電所につっこまないとダメだ…"
ユウキ"マジか… ごめんミライ みんな生きて返れなかったよ… "
その時電話が
ユウキ"こんな時にだれだよ?"
ミライ"私だよ?"
ユウキ"こんなときに連絡してんじゃねぇよ!(無茶苦茶どでかい声で)もう死を覚悟したんだ…"
ミライ"希望を捨てちゃダメだよ!"
ユウキ"…分かってるよ でももうほぼ絶望的なんだ…このままオレらはしぬしか選択肢がなくなったんだ…"
ミライ"何言ってるの?希望的な未来しか選択肢はないよ!
ユウキ"なんでだよ!(とてつもなくどでかい声で)"
ミライ"そのうちわかるよ"
ユウキ"なんでなんだよ!教え…"
ツーツー
ユウキ"きれちまったよ…"
ヤライ"あとわずかでつっこむぞ!"
ユウキ"こうなったらみんな目をつぶれ!"
高度がどんどん低くなり発電所まであとわずか…
全員が死を覚悟しつっこもうとした
その時だった
黒い影が下を横切りボートは黒い影の上に落ちた
全員"!?"
一体何が起こったのか…
ユウキ"一瞬黒い影が見えたんだが…まさか堕天使…?"

書き込み時刻2013-12-26 01:26:49

[9] アストロ

もちろん堕天使なんかではない
ユウキらを助けたのはオレンジ色の竜 カイリュー殿であった
全員"?た…助かったのか…?"
発電所スレスレのところをカイリュー殿が通る 全員放心状態で…


ヒナタ"危なかったね… 一秒でも遅れてたら発電所もろとも爆発してたよ"
ミライ"でもなんでカイリューさん?他にもいっぱいいたじゃん"
ヒナタ"確かにいるけど、本部からこのポケモンなら君と心を交わすことができるだろう ずっと一緒だったからな って"
ミライ"へぇ… 電話はなんか意味あったの?"
ヒナタ"あれはおおまかな場所確認するためだよ 自分に危機が迫っててなすすべがなかったときの電話って大体大声だしてかまってられるか!っていうし…"
ミライ"そこまで読んでたってこと?"
ヒナタ"まあ そんな感じかな?"
ミライ"ありがとね…"
ヒナタ"べつにいいよ 困ってる人に敵味方関係なくても助けるものだから"
ミライ"でも…抵抗とかあったでしょ?"
ヒナタ"全くないよ!むしろ助けるのが主義だからね あれ?ギターとか持ってないの?"
ミライ"船に乗せたままだよ あとでとりにいくって"
ヒナタ"そうなんだ すごいな… ゴーゴー4って"
ミライ"⁉︎急にどうしたの?"
ヒナタ"だって楽器とかできるんでしょ?私楽器とか全然できないから… そういう意味では例え敵であっても尊敬しちゃうな…"
ミライ"そ…そうなんだ…"
ヒナタ"バンド演奏なんてみんなの息があわないとダメなことだし… あ、カイリューさんが帰ってきたみたい 背中に乗ってたみんなは完全に放心してるけど…"
ミライ"全員いるね あと息もあるみたい "
ヒナタ"とりあえず休めるところに運ぼうか"
ミライ"その方がいいね "
その時ミライの後ろに人の気配を感じた
ミライ"あれ?なんか後ろに誰かいる?"
振り返ってみると目に包帯をまいた白い翼と黒い翼を持った者が見えた そしてその者はうっすらと消えていった
ヒナタ"どうしたの?"
ミライ"今一瞬目に包帯した人がみえたんだけど…"
ヒナタ"疲れて幻が見えたんじゃない?とりあえずホテルいこっ"
ミライ"うん…"(でもさっきの人どっかで見たことあるような…)
ちょっとした疑問を持ちつつミライはヒナタと一緒に放心状態のメンバーをホテルにつれていった
こうしてミライのクリスマスはちょっとした疑問を抱きつつ、終わった…

書き込み時刻2013-12-26 15:00:16

[10] アストロ

かなり遅れましたがクリスマスの話は終わりです
あとヒナタちゃんの移動用ポケモンはポケモンレンジャー初期のカイリューパスがもとになってます
この後の話の予定ですが伝説のとりポケモンの話とかヒナタちゃんの料理の話を書こうと思ってます
XYにでてくる一般トレーナー ヒミコとの対峙の話とか…フレア団との対峙の話も書きたいと思ってます あとライブの話も書きたいと思ってますがそのライブでホミカ出そうと思ってます ギタリストだし…
ところで新しい話書くたびに必ず一つはあるネタを入れてるのですが…分かりますかね?
つぎの話はかなり短くしようと思ってます ヒナタの料理の話にしようと思ってますが…情報はここまで!

書き込み時刻2013-12-26 15:18:16

[11] アストロ

すいません
とある事情で年末ライブの話が年末にできなくなってしまったので年明けてからアーカイブという設定でやります
ご了承下さい
あと今考えてるヒナタの話については、年末ライブの話のあとにします

書き込み時刻2013-12-30 19:13:24

[12] アストロ

年末ライブアーカイブ
ステージ ミアレのジム前

ヨウジ"とりあえず何を演奏すればいいかな?"
ミライ"三人でロックとかどうかな?あと今日ホミカさん呼んだからドラキラとか"
ヤライ"ドラキラかー おれはベース部分やるけどユウキはどっちやるんだ?"
ユウキ"あのツインギターで別パートのとこか?ホミカのギターでどっちのパート弾けるか聞いてみるか とりあえずおれは両パートとも弾けるようにしてある ミライは?"
ミライ"私はバイオリンでVやるよ あと四人での曲もちゃんとあるから安心して バックバンドにシンセ弾ける人もいるから色々出来るね"
ユウキ"そうか! じゃおれらは6928を…"
ヨウジ"…ちょっとムリ あれは…"
ユウキ"は?確かにドラム難しいけどさ あれやったらかっけぇぜ"
ヨウジ"やだ!あれカイリキーじゃないとできないくらいむずいし"
ユウキ"でもこの前出来てたやん"
ヨウジ"それとこれでは話が…"
ヤライ"とりあえず落ち着け 少し長いから体力もつか心配なのか
…100秒ならできるか?"
ヨウジ"なんとか…"
ヤライ"決まりだな 6928は春ライブにまわしてやる それでいいか?"
ヨウジ"うん!"
ユウキ"100秒か 分かった!"

…開演から1時間経過
ミライ"とりあえず休憩だね♪"
ヨウジ"ふへー 疲れたー"
ユウキ"どっちもドラム最強だからな"
ヤライ"おれらの幕は一旦休みだバックバンドのシンセ担当の子が次の幕だってさ"

司会"盛り上がってますかー!今回の年末ライブも残すところ1時間!それでは次の幕いきましょう…おや?隠しゲストが来てますね?今回の出演者には内緒にしてましたがホミカさん以外にも一人アーティストがきてます それでは紹介しましょう フィオレ地方からきたラゴウさんです!どうぞ!"

ゴーゴー4"と、父さん!?"

書き込み時刻2014-01-16 23:21:40

[13] アストロ

ラゴウ いやー、どうも ライブサポーターやってるって子から私にもよかったら来て欲しいて言われてねー 息子たちには秘密にしてほしいって言われてねー そういうことで来ちゃったんだー
ライブサポーター女 シークレットって形でお願いしたら承知してくれたんです …で、私が送った楽譜は覚えてきてくれました?
ラゴウ もちろんだとも!名前は…えっと…ディアブロスだっけ?
ヤライ (それ某狩りゲーだよ!)
ヨウジ ユウキ (うんうん)
ミライ (?)

ライブサポーター女 ディアボロです!ラゴウさんにはすごいところひいていただきます
ラゴウ あそこは相当やったからな… そろそろ始めよう ライブサポーターのきみ!名前は?
ライブサポーター女 リンと言います
ラゴウ リンちゃん!始めるぞ!

〜♪
司会 …年越しライブも残すところ後一曲 ここで登場してもらいましょう!ギタリストのホミカさんです!
ホミカ 待った?今回はゴーゴー4という素敵なバンドに出会えてホントありがとう!それではいくZE!ユウキ ヨウジ ヤライ 準備はいい?
三人 もちろん!
ホミカ この一曲を聞いていけ!

…司会 ありがとうございました!
これにて全て終了です 出演者のみなさんに拍手!

リン …ホミカさん
ホミカ 何?
リン …これ、もらってください
ホミカ ?
リン 中身はドラミドロっていうポケモンです
ホミカ なんであたいに…?
リン このこは毒をもってます ホミカさんにはピッタリのポケモンです
ホミカ でも毒もちだったら他にもいるんじゃ…
リン ホミカさん… ラストにやった曲の名前分かります?ドラゴンキラーという曲なんです それにちなみこのポケモンを選んだのです
このポケモンは毒もちと同時に龍も持ち合わせてます それにこれと同じタイプを持つものは今のところいません
ホミカ でも…いいの?
リン いいんです ホミカさんは我々にとって特別な存在ですから
それに…ホミカさんだったらきっとこのこと仲良くなれる だから今日ホミカさんを呼んだんですよ
ホミカ あ、ありがとう…じゃこのこ持って帰るよ!
リン また合わせたいな…
ホミカ 勿論!次は他のメンバーも連れてくるって!

こうして ホミカは去って行った…
リンはホミカのことを信じ切ってる また合わせられることを願って…

すぐ近くの木陰に一人の少女がいた
??? 私も音合わせしたいな…でも できっこないよね…あんな大御所と私じゃあまりにも違いすぎて…

少女はすぐにその場を去った

書き込み時刻2014-01-28 17:54:53

[14] アストロ

これにて年越しライブ編は終わりです 最後にちらっと出てた少女は誰なんでしょうか…次回は相当まよってます ヒナタメインの話とか…

書き込み時刻2014-01-28 17:57:14

かならず掲示板ルールをお読みください。

ルール違反な書き込みを行った者は、アクセス禁止になり、サイトを見ることが出来なくなります。



以下の行為はアクセス禁止の対象になりますのでご注意ください。

  • ・ポケモンと無関係な小説の書き込み
  • ・ふさわしくない内容の小説(残虐行為、同性愛など)
  • ・同一人物の小説複数進行
  • ・小説の真似、盗作
  • ・なりきり小説でのキャラ崩壊
  • ・書き込み者を限定するスレッドの作成
  • ・スレッドの宣伝書き込み
  • ・個人HPの宣伝書き込み
  • ・ふさわしくない書き込み

名前 ※名前を入力してください

コメント ※コメントを入力してください

※書き込んだ内容は修正・削除ができません。

スポンサードリンク