ポケットモンスター アナザーレッド

[1] 蒼葉

こんにちは!
蒼葉と言います。

とある人の表現力豊かな小説に
感化され、自分も書いてみようと
思いました!

自分の文章力など拙著なもの
ですが、温かい目で見て
頂けると嬉しいです。

コメントに付いては
一言でも下さると
本当に有難いです。

少し時間が経ったら書いていこうと思います!

書き込み時刻2015-02-15 10:44:32

[7] 蒼葉

T.T.さん
コメントありがとうございます!

更新ペースは凄く遅くなると
思いますが、期待に添える様に
尽力して行こうと思います!

書き込み時刻2015-03-18 22:32:24

[8] 蒼葉

第1話「出会い」

ある森の中。
一匹のヒトカゲが、
数匹のポケモンに暴行を
受けていた。

既にヒトカゲの身体には
暴行によって出来た
沢山の傷があり、
その中には目を覆いたくなる
様な物もあった。

しかしポケモン達は、
暴行を止めなかった。

それ所か、弱々しい悲鳴を上げて
苦しむヒトカゲの姿を、
笑うポケモンもいた。

暫らく経つと、飽きたのか、
ポケモン達はリーダー格と
思わしきポケモンの号令で
去って行き、
後には動けなくなった
ヒトカゲだけが残された。

続くーー

○謝罪○

こんばんは。蒼葉です。
4ヶ月近くも放置してしまい
すいませんでした!

詳しい理由は、後日書かせて
頂こうと思います。

こんな暗い始まり方ですが
徐々に明るくしていこうと
思います。

長文失礼しました。

書き込み時刻2015-06-25 20:23:54

[9] 蒼葉

こんばんは!蒼葉です。

今回は、小説の更新が停滞
していた理由について
書かせて頂こうと思います。

実は設定の段階で
ストーリーが破綻してしまい、
もう一度考え直すのに
時間がかかってしまいました。

本当に申し訳ありません。

こんなミスが無いように、
精進していきたいと思います。

長文失礼しました。

書き込み時刻2015-06-26 20:24:58

[10] 蒼葉

続きです。

ーー
あれから10分程、
ヒトカゲは眠っていた。
ポケモン達が去った後、
そのまま意識を失ったのだ。

おかしい。

目覚めたヒトカゲは、
傷だらけの自分の身体を見て
違和感を感じた。

少しだけだが、あれほど沢山
あった筈の傷が治っている。
ポケモンはその種族上戦闘不能に
なってもすぐに元気になるが、
傷がひとりでに治る筈はない。
そんな思考を巡らせていると、

「……大丈夫か?」

後ろから突然声がした。
ヒトカゲは声に
反応して振り向き、動揺した。

そこに居たのは。

人間の少年。

そして、その傍らにいる
ピカチュウだった。

そして

この出会いは後に

大きな奇跡を起こすーー

ーー

勢いのままに書いたので、
不自然な所があった場合は、
ご指摘ください。

書き込み時刻2015-06-27 23:14:18

[11] 蒼葉

第2話「ヒトカゲ」

「一応……応急措置はしたが、
動かない方がいいぞ。」

そう言って人間の少年は、
安堵したかの様に息をついた。

応急処置……という事は、
この少年は自分を治療して
くれたのか?

詳しい話を聞こうとしていると、
少年の隣にいるピカチュウが
話し掛けてきた。

『起きて良かった!かなり深い傷
だったから心配だったよ。」
『……あなた達は?』
『私はピカチュウ。そこにいる
レッドってトレーナーの
ポケモンなの。』
『……ポケモントレーナー!?』

続く

書き込み時刻2015-06-28 23:25:52

[12] 蒼葉

続き
ーー
『?どうしたの?』
『……いえ、何でも無いです』
ヒトカゲは続けて質問をした
『……この治療は
レッドさんが……?』
『うん、この森を歩いてたら
偶々キミを見つけたから』
『やっぱり……親切に
ありがとうございます』
ヒトカゲは、
ぺこりと頭を下げた
『二人(一人と一匹)
に何かお礼をしないと……
……そうだ』
何かを思い付いたようだ
ーー
蒼葉です。
更新が遅くなってしまいました。
すいません。
そして、
今後少し、更新スピードが
落ちるかもしれません。
ご迷惑をお掛けします。

書き込み時刻2015-07-01 21:58:16

[13] 蒼葉

続き
ーー
そしてすぐに近くの
木の側まで行き、幹を揺すり
始めた
『「……?」』
レッドとピカチュウは疑問に
思っている様だ
少しした後、数個の木の実が
落ちてきた
ヒトカゲはそれを一個一個
拾い集め、一人と一匹の前に
差し出した
本当は森の奥へ取りに
行きたかったのだか、
起きたばかりのヒトカゲには
そんな体力は無かった
一方レッド達は、
初めは戸惑っていたが、
次第に意味を理解した
「……お礼なのか?」
『……はい…本当に…
本当にありがとうごさいました』
そして、一人と一匹に
改めて頭を下げた
「……俺も
無事に目覚めてくれて嬉しい」
『うん!困ってる
人もポケモンも、
助けるのは当たり前だから!』
レッドとピカチュウは笑顔で
言った
良かった、しっかりと伝わった
安堵したヒトカゲは、
少しだけ笑った

言葉が通じない恩人にも

ヒトカゲは

感謝を伝えたかった
ーー
今回は
少し長くなってしまいました
反省してます

書き込み時刻2015-07-03 21:36:25

[14] 蒼葉

少し後、両手に持った木の実を
見つめていたレッドが
ある提案をした
「……そうだ。折角だから
この木の実で
昼ご飯にしないか?
ヒトカゲも一緒に」
ピカチュウは頷き賛成する
『うん!この森に入ってから
何も食べてないし』
一方ヒトカゲは
よく分からないといった表情を
していた
その様子に気付いたレッドが
説明をする
「……実は俺達はさっきまで
昼ご飯に必要な食糧を
探してたんだ。
……お前を見つけてからすっかり
忘れてたけどな」
『……そうだったんですか』
ヒトカゲは納得した。
だが疑問点はそこでは無い
ヒトカゲは自分を指差し、
首を傾げた
『一緒に、とは一体……?』
「……ああ、そっちか。
まだ起きたばかりだから、
栄養を付けておかないと駄目だと
思ってな。
……それにお前、顔色が悪いぞ。
余り食べて
いないんじゃないのか?」
『……いえ、僕は』
いいです、と言おうとして
はっと口を押さえた
2人は、不安気な表情を
していた
「……もしかして…
食欲が無いのか?」
『食べられなかったら
無理しないで。
ゆっくり休めばいいから…』
ヒトカゲは食欲が
無いという訳では無い
ただ、2人の食糧を
食べるという行為を
申し訳なく感じているだけだった
だが、2人の表情を見ていると、
断り辛くなってしまった
『……ありがとうございます』
結局、ヒトカゲは申し訳なさを
感じつつ返事をした
ーー
夜遅くの更新と
なってしまいました……。
気を付けます。

書き込み時刻2015-07-05 00:10:13

[15] 蒼葉

数分後
ヒトカゲは遠慮から、あまり
木の実を食べられずにいた
対照的に隣のピカチュウは
夢中で木の実を頬張っている
その様子を見て、
よく食べる人……もといポケモン
なのだろうかと考える
それに気付いたピカチュウが
木の実を食べるのを止め
話し掛けてきた
『…大丈夫?少ししか食べてない
けど、やっぱり……』
『……いえ、その…
本当に…食べていいのか……』
『気にしなくていいよ。
元々キミが持ってきたんだから』
『……ありがとうございます』
『あはは。一々(いちいち)
いいって!』
そこまで喋って、
ピカチュウは何かに気付いた様に
動きを止めた
『……そういえば』
そして、その疑問を言葉にした
『…キミ、何で倒れてたの?』
『……え』
ヒトカゲは動揺した。
突然の質問に、思考が
追いつかなかったからだ
『……それは』
だが、ヒトカゲは一瞬迷った後、
静かに話し始めた
『……僕の所為なんです』
ーー
後半、文章がおかしくなっている
所があるかもしれません
間違いなどあれば
ご指摘ください

書き込み時刻2015-07-06 22:49:28

[16] 蒼葉

今から約20分ほど前。
正午が近い森の中を
ヒトカゲは、両腕に
数個の木の実を抱えながら
走っていた

しばらくして数匹のポケモン達の
姿が見えて来た

『……持って…来ました…』

ヒトカゲはポケモン達の前に
木の実を置いた

『……あぁ?』

声にポケモンの一匹が反応する
オニスズメーーポケモン達の
リーダー格だった
ーー
前のヒトカゲの発言の意味は
後々分かります!

駄文失礼しました。

書き込み時刻2015-07-08 21:58:59

[17] 蒼葉

次の瞬間、オニスズメは
ヒトカゲを低い声で罵った

『おい……1分遅れてるぞ…?
この無能が』
『…はい…すいません…』
ヒトカゲは、ポケモン達に
こき使われ、彼らの
昼食となる木の実を
持って来させられていた
『待たせんなよ雑用がァ!』
『俺等の貴重な
食糧なんだよォ!』
手下のポケモン達もヒトカゲを
責めたてる
遅れたのには理由があった
1日近く雑用としてこき使われ、
食事には落ち葉を食べさせられて
いた為、本来の力を
出せなかったのだ
『……』
だが、ヒトカゲが言い返す事は
無かった
長年浴びせられた
言葉の暴力により、
自分が悪いと思い込んで
しまっていた

ヒトカゲには

自尊心が欠落していた
ーー
こんばんは。蒼葉です。
何日も遅れてすみませんでした。
反省しています。

駄文失礼しました。

書き込み時刻2015-07-12 23:39:43

[18] T.T.

お久しぶりです。

駄文だなんてとんでもない! ポケモンたちの心情が繊細に描かれていて、読んでいて楽しいです。

続きが気になります(*^^*)

書き込み時刻2015-07-30 15:28:12

[19] 蒼葉

こんばんは!蒼葉です。
T.T.さんコメント
ありがとうございます!
自分の書く拙著な文章を
褒めて貰えて
この上なく嬉しいです!

今は更新は停滞気味ですが、
近いうちに
必ずしようと思います!

長文失礼しました。

書き込み時刻2015-07-30 22:36:58

[20] 黒樹蒼葉

ヒトカゲは、ポケモンが戦闘などに
必要不可欠な能力ーー技が、使えなかった。
あらゆるポケモンが使える、最弱と言われるポケモンですら持っている技が、使えない。
その事が、彼がオニスズメ達から蔑まれ、
無能と罵られる大きな原因だった。

そして、怒り狂った彼らから、気を失う
まで暴力を受け、通りかかった一人と一匹に
発見される事となる。

書き込み時刻2019-04-30 19:22:15

[21] 黒樹蒼葉

第3話 「逃げよう」

なんて酷い。
聞いていたピカチュウの心は怒りと悲しみで、木の実を潰したようにぐちゃぐちゃに なっていた。
どうしてそんな、相手を傷つける言葉を
平然と口に出来るのか。
技が使えないから何だというのか。
生き物の優劣はそんな事で決まるのか。
どうして彼がこんな目に
逢わなければいけないのか……
そんな思いが次から次へと湧いてくる。
目の前でヒトカゲは続けた。
『僕は技が使えなくて……ずっとみんなから
言われ続けてきたんです。
“お前は駄目だ”……って。
だからせめて出来ることはちゃんと
やりたくて……』
暗い表情。堪らず言っていた。
『……ひどい』
『……ピカチュウさん』
言葉にしようとしても詰まる。纏まらない。
『ひどい……そんなの……おかしいよ……
おか…っ……しいよ……』
涙で目が潤み、ぽろぽろと流れる。
はっきりと言葉に出来るのは
そこまでだった。
『……ひっ……うっ……』
「ピカチュウ……?どうしたんだ」
突然泣き出したピカチュウに、
何事かと心配してレッドは声をかける。
当然ながら、この少年には泣いた理由を
理解する事は難しい。人間には
分からないからだ。ポケモンの言葉は。
レッドが、頭を優しく撫でて、ピカチュウを
落ち着かせようとする。その時ーー
近くの茂みがガサガサと揺れて、
ポケモンの気配がした。

書き込み時刻2019-05-02 11:08:02

[22] 黒樹蒼葉

『おおい』
茂みの中から出てきたのは、
オニスズメだった。
少しの間が、空く。
突然の出来事にピカチュウは茫然としたが、その口から発せられた
“言葉”を聞いて戦慄した。
その涙が、一瞬にして止まる。
『ここにいたのか。探したぞ』
彼は、無害を装っていた。
『黄色いお前……もしかして
心配してくれたのか。悪かったな。
実はさっき、こいつが木から
落ちたのを見てて、心配だったんだ』
まるで、彼を探しに来た仲間のように。
『それにしても……
ははっ、お前本当にドジだよなあ』
快活に笑う。
その振る舞いは、
全く別のポケモンに思えた。
『包帯はそこの人間が巻いてくれたのか。
本当にありがとう。
……お前、お礼はしたんだろうな?』
一瞬、声のトーンが落ちる。
すぐ横を向くとヒトカゲの顔は、
青ざめて怯えている。その仮面の下には、
さっきの話を聞いていなければ、
到底分からなかっただろう残忍さがあった。
それに人間は、全く気付かないだろう。
恐ろしい。そして、薄ら寒い。
心の底からそう思った。
『その木ノ実は?随分とたくさんあるな。
少し分けてくれないか?
ああ、こいつは俺たちが連れて行くから』
……俺たち?
嫌な予感がして周りを見ると、
数匹のポケモンに
いつのまにか取り囲まれていた。
『さあ、くるんだ』
そう言う彼の目には、悍ましいものが
宿っていた。

書き込み時刻2019-05-02 15:36:41

[23] 黒樹蒼葉

どうすれば……どうすれば……
ヒトカゲは、強く葛藤していた。
『駄目……行っちゃ駄目だよ……!』
その瞬間、腕をピカチュウに掴まれる。
『行ったらまた酷い目に逢っちゃう……!』
そして、彼女は言った。
『……逃げよう!』
逃げ……?
彼がその言葉を理解するよりも速く。
『お願い、レッド!』
そう叫んで、彼女は、“尻尾を一回転させた”
「!……分かった」
レッドは何かを理解したように頷くと、
指示を出した。
「ピカチュウ!10万ボルト!」
『了解!』
ーー刹那、電撃が迸る。
『ぎゃああぁあああぁあぁあッ……!』
複数の凄まじい声が辺りに響いた。
これはヒトカゲが
後で知った事の一つなのだが、
ピカチュウの電撃の威力は、
それ程高くは無い。
しかし、一時的に行動を封じる事は出来る。
特にオニスズメはひこうタイプのために、
効果は抜群だった。
「……よし!」
そう言うレッドの手にはそれぞれ、
取り出したのだろうモンスターボールとーー
ヒモのような物が握られていた。
「これで逃げるぞ……あなぬけのヒモ!」

書き込み時刻2019-05-03 12:24:37

[24] 黒樹蒼葉

「戻れピカチュウ!」
レッドはあなぬけのヒモを“使う”と同時に、
モンスターボールのスイッチを押した。
ーーこれもヒトカゲは後で
知る事になるのだが、
彼は類稀なる両手利きの人間だった。
ボールから出た光はピカチュウを包み込み、
また戻って行く。そしてレッドはすぐに、
守るようにヒトカゲの上に覆いかぶさった。
『!?』
『……こいつ!!』
ヒトカゲが驚くのと、オニスズメが
呻くのは、ほぼ同時だった。
……レッドは庇ったのだ。
さっき出会ったばかりのポケモンを。
彼の背景は、何も分からない筈なのに。
何ら躊躇する事も無く。
「……もう大丈夫だからな」
抱えられる中でその言葉を、
ヒトカゲははっきりと聞いた。
そしてすぐに、
あなぬけのヒモが“発動”する。
視界が高速で回りだし、
やがて、暗転したーー

書き込み時刻2019-05-04 11:16:58

[25] センター

こんばんは蒼葉さん。
センターです。
こちら側では初めましてですね。

ポケモン視点の物語いいですね。
普通はトレーナー視点で物語が進んで行くのが一般だと思ったので凄く斬新な感じがしました。
そして、ポケモンたちの表情や情景などの描写が上手ですね。とてもわかりやすいです。

これからも頑張ってください!。

書き込み時刻2019-06-03 21:48:06

[26] 黒樹蒼葉

こんばんはセンターさん!
まさか読んで頂けるとは
思いもしませんでした!嬉しい……!
書き続けてきて良かったです。
そんな風に評価して頂き
ありがとうございます!
ストーリーも文章も滅茶苦茶ですが、
たまに見て貰えれば幸いです。
これからも頑張ります!

書き込み時刻2019-06-05 20:53:19

かならず掲示板ルールをお読みください。

ルール違反な書き込みを行った者は、アクセス禁止になり、サイトを見ることが出来なくなります。



以下の行為はアクセス禁止の対象になりますのでご注意ください。

  • ・ポケモンと無関係な小説の書き込み
  • ・ふさわしくない内容の小説(残虐行為、同性愛など)
  • ・同一人物の小説複数進行
  • ・小説の真似、盗作
  • ・なりきり小説でのキャラ崩壊
  • ・書き込み者を限定するスレッドの作成
  • ・スレッドの宣伝書き込み
  • ・個人HPの宣伝書き込み
  • ・ふさわしくない書き込み

名前 ※名前を入力してください

コメント ※コメントを入力してください

※書き込んだ内容は修正・削除ができません。

スポンサードリンク